豊岡こども大人歯科|横浜市鶴見区

横浜市立豊岡小学校前のこどもから大人まで家族全員で通える予防型歯科医院

トップイメージ

診療内容

診療内容

予防歯科

何か症状が出てから歯医者へ行く。というのは本来間違いです。
以前は「歯医者さんは治療するところ」という考えが一般的でした。
しかし、むし歯や歯周病は治療はできても、その治療によって歯や歯周組織を削ることがありますし、その治療による健康の悪影響を与えてしまいます。

 

大切なのは病気にならないように予防すること。
そして始める時期は早いほどいいとされます。

 

当医院では生まれる前からの妊婦さんからの受診をお勧めしています。
歯の健康を維持するには、定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスはむし歯や歯周病を再発、健康な状態を維持していく定期健診です。
歯ブラシで除去できないバイオフィルム(細菌の膜が形成されるのは90日とされているので、治療後3,4か月ごとの定期健診をお勧めします。

 

口腔内環境に状態によっては1か月に1度の頻度でお越しいただく場合にがあります。
当医院では検査結果や経過をレポートとしてお渡しするほか、患者様専用の冊子を作成して詳細な除法をお伝えします。
ご自身のお口の状を把握することが、効果的予防の第一歩でもあります。

小児歯科 小児矯正

歯が多く残っている人ってどのような人だろう?
私が歯科医師になって思った疑問。

それはずばり。
正しい位置でかみ合わせ、歯並びの良さ、むし歯の治療跡が少ないこと、歯のすり減りが少ないこと。
これはお子さんからのむし歯予防、そして歯列育成、それに伴う顔面育成ってすごく大切だと考えています。

虫歯になってから削るのではなく、ならないように努力する。
そのお手伝いをしていきます。

きれいに並んだ歯は見た目ばかりでなく、かみ合わせがしやすく、むし歯になりにくくなります。
しっかり噛めるなどたくさんの利点があります。
お子さんの時期にはまずは虫歯を作らない環境の確立、そして歯並びが悪くなりそうな場合には早期の介入し悪くならないようにする、定期健診を習慣化させることが大切です。
当院としてはおなかにいる赤ちゃんの頃からが大切と考えております。

虫歯のお子様で治療の必要性が理解できない小さいお子様は虫歯の治療を嫌がってしまうことがあります。
まずは歯科医院になれるように練習をしていきます。
どうしても暴れてできない場合、より治療をご希望の場合には近隣の大学病院をご紹介します。

モバイルサイト

豊岡こどもおとな歯科スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら