鶴見区豊岡町の歯医者、豊岡こどもおとな歯科|歯周病治療

歯周病治療

歯を失う原因

歯周病は、日本では歯を失う原因第1位で、
成人の日本人約80%以上がかかっているとされているとても恐ろしい病気です。
歯周病は気づかない内に進行していることが多く、気になる症状があれば手遅れにならないためにも、
早めの受診をおすすめいたします。

簡単セルフチェック

海外ではサイレントディジーズ(静かなる病気)ともいわれ、ほとんど目立った症状がなく進行していきます。
ぜひご自身でセルフチェックを行い、1つでも当てはまる方はご相談ください。

簡単セルフチェック 簡単セルフチェック

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病はただのお口の病気というだけではなく、歯周病菌が血管に入り込み、血流に乗って全身の組織や臓器に悪影響を及ぼしてしまいます。
これまでの研究では、糖尿病や心疾患、低体重児出産や認知症など様々な病気との関連性が報告されており、歯周病の治療・予防を行うことはご自身の全身の健康を守ることにも深く繋がっています。

歯周病の予防と治療方法

歯周病の基本治療

軽度歯周病

軽度歯周病

歯垢が石灰化してできた歯石をスケーラーという専用の器具で徹底的に落としていきます。

中度歯周病

中度歯周病

中度まで進行した場合は、スケーリングだけではなく歯茎の中の隠れた歯石もキュレットという専用の器具を使用し除去していきます。

重度歯周病

重度歯周病

重度まで進行してしまったら歯の周りの骨を回復させる歯周組織再生治療など外科的な処置が必要になります。

Point!

歯周病は症状なく進行します。 重度の歯周病に進行してしまう前に歯科医院での定期的なメインテナンスで早期発見・早期治療を心がけましょう。

歯周病の予防

歯周病には予防が最も効果的!

歯が痛くなってから、違和感を感じてからではなく定期的にお口の状態をチェックし、正しいセルフケア・プロフェッショナルケアでお口の健康を維持していきましょう。

当院の予防メニューはこちら

定期健診の大切さ

残存歯数のグラフ

痛いときだけ受診した場合と歯科医院にきちんと定期検診に通っている方の歯の残存歯数のグラフです。
歯磨きだけでは80歳の時点でわずか5本しか残らなくなってしまいます。
これは毎日きれいに磨いているつもりでも磨き残しによって歯を失ってしまっていることになります。
上記のことからセルフケアだけではなく、プロフェッショナルケアも行い、長くご自身の歯を残していく環境を整えることが大切です。

当院で販売している
歯科グッズ

歯科グッズ
歯科グッズ

歯周病は生活習慣病の一つです。
せっかく治療を行い一度改善したとしても、毎日の歯磨きなどセルフケアを怠ると再発する可能性があります。
まずは毎日のブラッシング方法から見直しませんか?

TEL:045-717-9886